決算書から銘柄を判断する

決算書から銘柄を判断する

企業の内容を知るために決算書を見てみよう

決算書は「B/S」「P/L」「利益処分案」「C/F」から成る

書店に行くと、「決算書がわかる」というたぐいの本が、たくさん並んでいます。

この「決算書」は、会社と関係を持つ人のためのものです。会社で働いてる人や、取引先、投資家、税務署、その他大勢の人に、会社の状態を知ってもらうためのものというわけです。

「決算書」は、通常「B/S(貸借対照表)」、「P/L(損益計算書)」、「利益処分案」、「C/F(キャッシュフロー計算書)」の4つから成ります。

4つの関りから企業の中身を分析する

「B/S」は、企業の全財産の、ある一時点の状態を示します。

返済の必要のある「負債(借金)」と、返済の必要ない「資本」に分かれます。「資本」は、これまでにも出てきた出資金などから成り立ちます。現金や商品、土地や建物などがあり、集めた資金が、商品や工場などの資産に形を変えているということです。

「P/L」は、企業の1年間の成績を示します。稼ぎ(収入)から、かかった費用を引けば、残りは企業の利益です。そのままでは大雑把すぎるので、費用を種類別に分けて、費用の内訳を明確にしています。

収入から、仕入れコスト、販売コスト、本社の管理コスト、などを引けば、1年間の利益(当期純利益)が計算できます。

「利益処分案」は、「当期純利益」の近い道を表します。それは、株主への配当や、役員の賞与であったり、次の年の事業に使うための企業の資本であったりします。処分方法が未定の部分は、次期に越されます。

「C/F」は、「P/L」と同じく、稼いだお金(収入)から、かかった費用を引いて、いくらお金が残ったかを表示します。「P/L」との違いは、「P/L」が経理処理上ということを中心に考えるのに対して、「C/F」は、経理処理はともかく、現金の出入りだけを中心に考えるのが特徴です。

例えば、「P/L」では「マスター、今日の飲み代、ツケにしておいて」という場合も、立派な収入です。「C/F」では、現金が伴わないので、収入と認めず無視するのです。

「決算書」は、それだけで本の1冊や2冊書けてしまうほど、奥が深いのですが、みなさんに、細かいことは必要ありません。株式投資に際して必要な、カンどころを中心に見ていくことにしましょう。

貸借対照表で負債と資産をチェック!

貸借対照表では貸し借りの健全性を見る

まずは負債と資産をチェックしよう

みなさんの目の前に、投資を検討している企業の決算書があるとしましょう。この企業は、「ワインバー・エクイティ」という、女性に人気のワインバーのチェーンを経営しています。ここのバーは、ワインがおいしいのはもちろん、お店の豪華な雰囲気が売りになっています。

B/S(貸借対照表)を開いたときに最初に目にするのは、会社の規模を示す、いちばんしたの資産合計の欄です。ここは、参考程度にします。

次に、各項目?の数字を見ます。左右の項目は、それぞれ大きなグループごとに分かれています。

右側は、「流動負債(1年以内に返済する借入)」、「固定負債(長期の借入)」、「資本」の3つのグループに、左側は、「流動資産(1年以内の現金化可能)」、「固定資産(長期保有の資産)」の2つのグループになっています。

重要なのは数字の大きさではなく、バランスです。このバランスは、業種ごとにも違ってきます。バランスをみるときは、同業種のほかの会社との比較と、みなさんの常識がものをいいます。

『ワインバー・エクイティ』は、お店にお金をかけているので、土地や建物の項目が入っている「固定資産」の数字は大きくなりがちです。しかし、問題は、そのお金をどのように調達したかです。

負債の部から調達した場合は、「流動負債」にしても「固定負債」にしても、利息もかかり、返済も必要です。金利が高くなれば、企業の経営は急速に苦しくなります。

資本の部から調達した場合は、その項目によって若干変わります。「資本金」は、株主の出資によって得たお金なので、返済の必要はありません。ただし、利益が出たときには、配当の必要があります。「法定準備金」は、一定の条件に該当した場合に企業が積み立てる資金です。

この資金は外部に向けての負担がありません。「剰余金」は、企業がこれまで稼いできた利益の積み上げです。自分自身が稼いだものですから、外部に向けての負担はいっさいありません。

法定準備金と剰余金で企業の健全性を知る

「法定準備金」+「剰余金」は、長期的な企業の実力の証であり、外部負担のいっさいない企業自身の資金です。

『ワインバー・エクイティ』が、「固定資産」を「法定準備金」+「剰余金」で調達しているのか、「資本金」で調達しているのか、やむを得ず負債で調達しているのかによって、企業の背負っている重荷が違うということです。これは、企業の健全性の違いともいえます。

純利益を知るための損益計算書

純利益を知るために必要な引き算

売上高から原価や経費を引いていく

P/L(損益計算書)は、売り上げから段階的に費用を引いていくことによって、各段階の利益と費用を明確にしていきます。

売上高から「売上原価」を引くと「売上総利益(粗利)」となります。「ワインバー・エクイティ」でいえば、「売上原価」は、ワインの仕入れ費用などがあげられます。

「販売費及び一般管理費」の販売費とは、販売にかかる費用、つまり店の従業員の人件費や広告宣伝費を指します。一般管理費は、それ以外の本社の費用や、本社で働く人の人件費などがあげられます。

これらを引いて算出される「営業利益」は、企業の営業がうまくいっているかどうかを判断する基準になります。「営業利益」段階で赤字の場合、本業が厳しいということになります。

「営業外収益」は、主として、預け入れている預金の利息や、家賃収入(不動産を貸している場合)、その他の雑収入を指します。

「営業外費用」は、借入をしている場合の利息(支払う)や、売り上げの割引、その他もろもろの支出を指します。つまり、企業の本業以外の補完的な収入と支出です。この補完的な部分を加味したものが、「経常利益」と「経常利益」は、企業の毎年の活動での利益を網羅しているので、通常時の企業の収益体質を示します。

「特別利益」と「特別損失」は、まさに特別なものであり、通常発生しません。この年に発生した、特別な収支も加味した一年間の利益が「税引前当期純利益」です。ここから「法人税等充当額(税金)」を引いて、ようやく「当期純利益」が算出されます。

利益よりも売り上げに対する割合の方が重要

P/Lを見るときは、利益の金額も重要ですが、売り上げに対する利益の割合を重視します。同じ1.000万円の「当期純利益」でも、一億円の売り上げで1.000万円の利益を上げるのと、100億円の売り上げで1.000万円の利益を上げるのでは、効率が違います。当然前者のほうが、利益をあげる力が強いということです。

➀「営業利益」と➁「経常利益」と➂「当期純利益」の各段階で、どのように黒字・赤字の計上がされているかも重要です。

➀黒➁黒➂黒は、問題ありませんが、➀赤➁黒➂黒は、本業でダメで、それ以外で赤字を補う不健全な状態ですし、➀黒➁赤➂黒は、借入が多すぎて本来は赤字なのに、資産を売却して、「当期純利益」だけは黒字にして、帳尻を合わせているという想像もできるのです。

EPSで1株の稼ぐ力をはかる

EPSで1株の稼ぐ力をはかる

「EPS」=当期純利益÷発行済み株式数

「EPS」は、1株が1年間でどれだけの陶器純利益を稼いだかを示しています。言い換えれば当期純利益をもとにした、1株当たりの価値を示しているとも言えます。

資本が効率的に利用されていれば利用されているほど、「EPS」は大きくなります。

「EPS」は、決算書の数字を加工することによって、決算書をながめてみただけではピンとこない部分を浮き彫りにします。これからみていく指標は、計算書に示された2つ以上の数字を関連づけすることによって、いろいろな角度から分析していくことが可能になります。

ただし、指標の示す数値で、企業のよしあしをすべて判断するのには無理があるので、参考程度にする必要があります。

投資のプロが、「EPS」が前年に比べて増加しているので、投資対象としての魅力が増した、という場合があります。しかし、通常、企業は利益の一部を配当せずに手元に残し、次の年は前年よりも多い元手で事業を行うのですから、利益が増加するのは当たり前。当然「EPS」も増加するのですから、一概に魅力が増したとはいえないのです。

収益率に重点をおいたPERを指標にする

割高か割安か。利益で株価の水準を判断する

PERは他社と比較してこそ意味を持つ

「PER」=株価収益率は、名前のとおり、収益率に重点を置いた指標です。その算出には、EPSが深く関わっています。EPSが、1株当たりの収益を表しているのに対し、「PER」は、その株式がEPSの何倍の価格で取引されているかを表しています。

「PER」=株価÷EPS(倍)

「PER」は、大きければよいとか、小さければよいというものではありません。あくまでも、株価がEPSの何倍かということです。つまり、「PER」という指標は、10倍であろうと、20倍であろうと、それ自体はほとんど意味を持たず、他の企業と比較して、はじめて意味を持つものということができます。

「PER」は、株価をEPSで割って算出します。ということは、「PER」が大きくなるときは、株価が高いか、1株が利益を上げていないのかのどちらかということになります。

企業が事業活動をしていくにあたっては、利益こそがすべてです。利益が企業の繁栄の源泉であり、利益が投資家に対する最大の報酬となります。

「PER」が大きいということは、どちらかというと、投資家の期待に応えていないにもかからわらず、株価が割高ということになります。

PERが高いのは将来の期待が高いということ

株価が割高であるということは、投資家の立場から考えると、収益を得る機会が少ない、あるいは、可能性が低いということです。にもかかわらず、「PER」が高いまま株式が取引されているというのは、その株式あh、現在の評価以上のポテンシャル(可能性)が秘められているという、投資家の期待の裏返しなのです。

現在の「PER」がいくら大きくても、今後企業が成長し、利益を稼ぐようになれば、EPSは増加します。EPSが増加するということは、「PER」の分母が大きくなるということですから、「PER」は小さくなります。

つまり、企業が投資家の期待どおりに成長すれば、結果的には、割安だったということになるのです。

また、「PER」は、利益の何倍まで買われているかを表すものでもあります。言い換えれば、毎年利益を積み重ねていくことで、投資した元本(株価)を回収するのに、何年かかるかということです。通常、投資した元本を回収するのに50年(「PER」=50倍)も持つ投資家はいません。

やはり、将来の成長性に期待を持っているから投資できるのです。

いかがでしたでしょうか?

しっかりと株式投資のノウハウを身につけて確実に儲けられるようになりましょう。

ちなみに、本当に株式投資を行い、儲けたいという方には、当社が徹底検証した株式投資顧問の情報を特別に紹介しています。

優良=必ず儲かると言われているほど実力があり、対応も抜群に良い超優良の顧問サイトです。

無料で株投資に関するノウハウを提供してくれるので、ぜひこの機会にお試しください。

優良サイト一覧バナー

▼評価をお願いします!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 3.00)
Loading...
※評価はお済ですか?★の数が少なければ悪徳or多ければ優良となります。

コメントは受け付けていません。